「誰でも通園制度」本格実施へ議論開始(こども家庭庁)

保護者の就労を問わず、保育施設を一定時間利用できる「こども誰でも通園制度」の本格実施に向けた議論が6月26日、保育団体の代表や学識経験者、自治体職員らでつくるこども家庭庁の有識者検討会で始まった。

Yahoo!Japanニュースより引用

障がい福祉関連 過去記事

【←前のページへ戻る】